私は自分が大学を受験した当時東大を目指しておりました。一日15時間勉強などもざらにありました。当時は個別指導塾はもとより学習塾などにもかよっていませんでしたので、わからない問題はどうしてもわからずじまいというものもおおく、学校で先生に教えてもらうにも時間的に限界がありました。残念ながら第一希望の東大はのがしてしまいましたが第二希望の国立大学に進みました。その時身をもって、自主学習だけでなくちゃんと誰かに教えてもらうことの重要性を知りました。

娘が生まれ成長していくにつれ、娘の将来について今から親として手助けすることは何かないかと模索していたところ、中学受験をして勉強環境の整った学校に進学させることを思いつきました。中学受験に合格することが目的ではなく、その後の将来のためにまんべんなく学力をつけるために、優れたカリキュラムと教師のもとで勉強させてやりたいと思いました。自身の体験から早速塾などを探したのですが、料金は若干高くなりますが個別指導塾にすれば個々のレベルにあった指導をしてくれるので長い目で見たときに有利という話をきき選びました。

思った通り、個別指導塾に通い始めてから成績は大幅にあがり、本人の学習意欲が高まったのがはっきりわかりました。おかげで安心して中学受験に臨むことができました。

このまま勉強が好きになって東大に進んでくれたらうれしいなと密かに思っています。

Comments closed.