世の中のお父さんお母さんはお子さんに大きな夢と希望を抱いているのではないでしょうか。私も例外ではありません。

私の場合、自分が東大卒で身内にも東大や京大、慶応や早稲田といった名門と呼ばれる大学を卒業してそれなりの地位を得ている方々が多かったので、自然と生活レベルや関わる方々の質は高いと感じています。ですので娘にも、今は明確な目標がなくても後々の選択肢を広げておくためにレベルの高い学校に進学するため中学受験をさせました。娘に勉強の苦労だけはさせたくないと思っていたので、小学校に上がったころから塾に通わせ始めました。とても熱心にご指導いただいたおかげで娘も勉強が好きで成績は申し分ありませんでした。中学受験も難関とされている学校を選びました。その際、受験対策のために、それまで通っていた塾から別の個別指導塾に通い始めました。というのも、受験では普通科目の成績はもちろんですが面接も大きな配点を占めているそうで、その個別指導塾は希望校の試験に対応した面接の受け方も指導しておられました。個別指導塾に通い始めてから、あいまいな問題や、難しい問題にも臨機応変に対応できる思考が根付いていったようです。

中学受験にはなんとか合格してくれたので、今度は東大合格に向けて日々勉強中です。

Comments closed.